不妊治療の過程

27歳の不妊治療の過程を記録します!

分割確認

みなさんこんにちわ。

 

今日は受精卵の分割確認でした。

 

受精確認と同じ、11時〜12時の決められた時間に培養士さん直通番号に電話をします。

 

採卵した10個のうち、受精してくれたのは8個。

その後分割が止まってしまうパターンや、分割が早すぎる、遅すぎるといったパターンもあるらしく、どれもよく無いみたいです。

 

我が子はどうかなとドキドしして電話した結果、見事無事に8個全てが順調に分割進んでいるとのこと✨

 

良かった良かった。

 

電話ではこれ以上の詳しいことは聞けないようなので、詳細は午後病院に行った時に聞いてくださいとのこと。

 

そして決められた時間16時に病院に行ってきました。

それにしても仕事が忙しく、立場上休めないので調整が大変?うまく行ってしまえば通院回数も減るはずなので期待しているのですが、、。

 

病院到着後、まずは採卵後のOHSS(卵巣が腫れてしまう症状)の状態を見るために内診台へ。

 

右の卵巣が結構腫れてるみたいでしたが、想定内とのことです。ここで移植して妊娠すると、さらに腫れて最悪入院になってしまうとか??

 

幸い、卵のグレードは良さそうなので移植はしませんでした。

 

OHSSは今週末がピークらしく、とにかく水分補給してトイレに行くしか無い、あとは激しい運動、夫婦生活もナシにすることが大事のようです。

 

その後先生とお話。8個の卵ちゃん全てがグレードもよく、順調に分割してるので、全て胚盤胞まで持って行きます!

と言われました。

 

でもでも、胚盤胞まで育たないでダメになっちゃうリスクもあるし、全部じゃなくて1つか2つだけでもいまの状態で凍結してもいいかな、、、?と思い、思い切って質問。

 

先生からの回答は全て胚盤胞まで持っていくでした。

やはり、着床率は胚盤胞の移植が一番確率が高く、その方が移植回数も減らせて経済的に良いだろうとのことでした。

 

先生がそうおっしゃるなら、信じるのみです✨?

通常、胚盤胞まで持っていけるのは3割〜4割らしいので、8個も挑戦できるなら挑戦した方がよい、と背中を押してもらいました。

 

胚盤胞になったかどうかと、それぞれの卵のグレードの詳細は、週明けの月曜日の診察で結果が出ているようなので、それまではOHSSに耐えながら、自分の卵ちゃん達を信じて静かに待ちたいと思います。

 

そして驚きのお会計。

32,400円でした。

なぬ!?内診しかしてないのに何故こんなに高い!????と思い、受付のお姉さんに質問。

 

なにやら、胚盤胞にするには培養液を変える必要があるようで、そのための料金らしいです。

 

うーん、数が多いからなのか、そもそもこの値段なのか、、、。

 

もはや金銭感覚が狂いそうですが、仕方の無い事です。??

 

最後に

まだ結果は出ていませんが、これまでの過程はなかなかよいです。

私は多嚢胞性卵巣、旦那の精子も運動率、直進率共に悪く、夫婦揃って原因のある不妊です。

 

それでもこれまでよい結果が出ているのは、年齢も関係しているのかな?と思います。

 

なので、結婚したら、〜万としちゃいますが、一通りの不妊検査は早めにした方がよいです。

また、体外受精(我が家はさらに高い顕微授精)は怖いと思ってる方もいっぱいいらっしゃると思いますが、もし怖さだけで躊躇しているなら早めのステップアップをお勧めします。

 

不妊で悩む女性全てが幸せになれるとよいです。

現代医学に感謝。

 

 

#うすだレディースクリニック
#不妊治療
#体外受精